FXってどんなもの

最近アベノミクスの影響でFXを始める人が増えています。

「周りでFXをやっている人がいるけど魅力は何なの?」

「今さら人には聞けないけどFXってどんなもの?」

という疑問を持っている初心者の方も多いのではないでしょうか。そんな方に参考にしてもらえるよう、FXの魅力について分かりやすく解説していきます。

FXとは?

FXは「Foreign Exchange」の略で、日本での正式名称は「外国為替証拠金取引」です。

これは金融商品の一つで、外貨を売買して資産を増やすというものです。例えば、1米ドル=80円の時に、米ドルを1万ドル買って、1米ドル=100円の時にそれを売れば、その差の20円分、つまり20万円の利益を得ることができるのです。

FXには他の金融商品にはない魅力がいくつもあります。それについては㈪以降で説明していきます。

少ない資産で大きな利益を得られる

FXには「レバレッジ」という仕組みがあります。FXで取引をおこなう際は、FX業者に証拠金と呼ばれるお金を預け、それを担保に取引をおこなうのですが、少ない担保でその何倍もの額の取引をおこなうことができるのが「レバレッジ」のシステムなのです。

例えば、レバレッジを5倍としていれば、100万円の証拠金で500万円分の外貨取引が行えるのです。㈰で取り上げた米ドル取引の例をこの場合にあてはめると、100万円の資金で100万円の利益を得ることができます。

つまり資産が2倍になるということです。

レバレッジは1倍、3倍、5倍、10倍、25倍など自分で設定することができます。日本のFX業者では最高が25倍となっています。

いつでも取引できる

世界のどこかで市場が開いていれば外国為替の相場は変動しています。そしてFXの取引もその間ずっとおこなうことが可能なのです。

株式の場合は、国内株式であれば日本の株式市場が開いているときだけ取引が可能ですが、FXの場合はそういった制限はありません。

世界の市場は時差があるために、常にどこかしらが開いているので、平日は24時間いつでも取引が可能となっています。

日中は仕事で取引ができないというサラリーマンも、帰宅後や早朝に取引ができるので安心です。またそれだけ利益をあげるチャンスが多いということです。

外貨預金との違いは?

FXは外貨の取引だと聞くと、外貨預金との違いは何なのかと思う方もいるでしょう。

基本的に利益を得る仕組みなどに違いはありませんが、FXには外貨預金よりも資産を増やすのに効果的であると言えます。

その理由は、㈪で説明した「レバレッジ」や、取引手数料がほとんど無料といってことがあげられます。


専業投資家は主な収入が投資によるものであるのに対して、兼業投資家とは、例えば会社に勤めながら株式投資などの投資を行なっているように、主な収入が投資以外である人で、余分なお金で投資を行なっている人のことになります。

専業投資家の場合投資が収入源になるので、最低生活が出来るだけの収益を毎月出さなければならないのですが、兼業投資家は収入は別にあるので、一ヶ月収益が無かったり損失を出しても、現物株の取引であれば基本的に生活に苦労する事はありません。

外国の情勢などで日経平均が下げて、ほとんどの株が下がるような状況でも専業投資家は売買を行なったりしますが、兼業投資家はそのようなときで買わない方が良さそうなときは、売買をしないで状況を見守ることも出来ます。

つまり、買いたいときに買って買いたくなければ買わないという、自由度が高い投資を行なうことが出来ます。

兼業投資家は基本的に場中の取引が出来ない場合が多いので、投資を行なう場合は、朝に買いたい銘柄の買いたい株価に指値をして場中は放置し、終わった後に確認します。

買えたら売りたい株価に指値を入れて売れるまで放置して待ちます。

基本的に買い方はこのような形ですので、仕事に支障なく投資を行なうことができます。

但し、急な下落がある場合もあるので、逆指値といってこの株価より下がったら現金化する株価を決めて、同時にそこにも売値を指しておきます。

そうすると、上がれば普通に売りたいところで売れて、下がったとしても逆指値で売れるので、それ以上の損をすることがありません。

デイトレードといって、一日で売買を完結させる取引はできませんが、デイトレードの場合、急騰している銘柄や株価の上下が激しい銘柄を旨く売買できたら、一日で何回も売買出来るので、利益を大きく出す可能性もありますが、旨く利益を出せない場合も多くあります。

投資の回数が増えれば確率論の話しで、損をする確立も増えてしまいます。

しかし、投資の回数が少なければ、その日の銘柄選びさえしっかりしていれば損をする確立を減らすことが出来るので、その点でも場中を見ることが出来ない兼業投資家は、損を膨らませなくてすむ投資ができることになります。

兼業投資家のデメリットは、買いたい銘柄に普通なら買える株価に指値を入れて待っていたときに、その日の場中にIRや好決算が出て急騰して買えなかったという場合があります。

このような場合で何日か連騰したときは買い損なって乗り遅れた気持ちになってしまいます。

既に持っていて売値を入れていたときは上がる場合でも下がる場合でも場中の変化に対応できるのですが、買うときは場中の変化に対応できないので、そのような場合は諦めて違う銘柄を探す事が賢明になります。
 

アイフォレックス

初心者にも、プロにも愛されるのが、アイフォレックスの特色だといえるでしょう。プロに喜ばれるのが、特に、高いカスタマイズ能力です。自分で自由にスクリーンをカスタマイズし、より取引を自由にするというのは、プロのトレーダーも満足させるスペックだといえます。クイック注文機能というのが、アイフォレックスには備わっていますが、これも、取引のチャンスを逃さない大事なポイントといえるでしょう。このように、高いスピード性を、アイフォレックスは持っているのです。それだけではなく、さらには数十種類の通貨ペアのチャートを、同一画面で確認するといった、テクニックを駆使しての取引が可能です。
 

 

バイナリー88

この業者はバイナリーオプションの失敗するリスクが少ない証券会社でイギリスに本社がある企業です。しかしながら、ターゲットをアジア圏に絞っているため、24時間体勢で金融の専門家による日本語サポートを受けることができ、現状では唯一の日本向けプラットフォームを提供する業者であるといえるでしょう。サポートだけではなく、取り扱う銘柄についても金融の専門家による厳しい査定が行われ、安定していると判断されたもののみが提供されています。取り引きシステムもあらゆる環境での動作確認が行われており、安心で安定したトレードが保証されています。ゆえに、いま利用者数をぐんぐん伸ばしている注目の業者です。
 

 

24 Option

24Optionとはイギリス領バージン諸島に設立された247ホールディングス社のグループの一つで、世界最大のバイナリーオプション専門会社です。247ホールディングス・グループは、金融オプション、商品、株式、FX取引、デリバティブ、オンラインマーケティング、ソフトウェアなど、それぞれの専門家によって管理されており、高い信頼を得ています。経験豊富な上級者だけではなく、初心者の方にもバイナリーオプションを楽しめるように設計された、わかりやすい取り引き専用画面(プラットフォーム)は、多くの顧客を惹きつけています。日本語を含め、世界13ヶ国語に対応しており、プラットフォームだけでなく、すべてのサポートが日本語を含む全12ヶ国語で受けられますので、安心して資産を任せることができます。

 

XEマーケット

XEマーケットが新規屋号が【XM.COM(エックスエム)】となり、さらに充実したサービスを提供できるようになりました。日本語で対応しているブローカーというのは、たくさんありますので、XEMarketsだけではありません。でも、XEMarketsでは、他よりも優れた日本語でのサポートを実施しています。メールだけではなく、チャットや電話での日本語対応も完備しています。トレードに関することなら、全てを日本語でサポートいたします。日本人トレーダーの方が安心してトレーディングをできる環境を整えております。また、プラットフォームも選びません。メタトレーダーだけではなく、スマートフォン、ブラックベリーなど、7種類のプラットフォームを提供していますので、どんな投資のチャンスも逃さず、しっかりとチャンスをゲットしていただけます。